オムライスについて

オムライスの作り方の基本はケチャップで味付けしたチキンライスや
バターライスを卵で包みます。

オムライスの作り方はシンプルで簡単そうですが、卵がいい感じで
半熟の状態になり”ふわふわ””とろとろ””ふっくら”といった
半熟卵のオムライスの作り方や

中身のご飯がべチャッとならないようにするオムライスの作り方は
けっこう難しいです。

卵をきれいに(とろとろの半熟卵の状態)焼くこと、ご飯を上手く焼くこと
ご飯を上手に包むことが、おいしいオムライスの作り方になります。

これらをマスターしてオムライスの好きな人は、プロ級の本格的な
オムライスの作り方を覚えてオムライスを得意料理にしましょう。

やはり、中華料理の基本がおいしいチャーハンの作り方を覚えることなら
洋食の基本はおいしいオムライスの作り方を覚えることだと勝手に思って
いたのですが、

実際、中華料理のコックさんはチャーハンを上手く作ることができて、
洋食のコックさんはオムライスの作り方をマスターして一人前と言われて
いるようですね。

少し洋食から話が外れますが、寿司も卵焼きの美味しい店がいいとも
言われています。オムライスに限らず卵を上手く焼くことは料理の基本
なのでしょうね。

基本のオムライスの上手な作り方を覚えたら材料を工夫したり、ソースも
デミグラスソースやホワイトソースの作り方を覚えるとか、チキンライスを
他の味にしてみるなどしてオムライス料理を楽しみましょう。

>>オムライス 楽天市場の詳細はこちら

オムライスはソースも工夫

おいしいオムライスの作り方のポイントはチキンライスの作り方、
卵の焼き方、卵の巻き方の他にオムライスにかけるソースも重要です。

おいしいオムライスの作り方をマスターしたら、オムライスのソースの
作り方も一工夫しましょう。

一般的に家庭で作るオムライスにかけるソースは、トマトケチャップが
多いと思います。

トマトケチャップだけのオムライスのソースも、シンプルでいいですね。
オムライスのソースの基本中の基本かも知れませんね。子供さんには
色もキレイですから喜ばれます。

オムライスのソースもう一工夫しましょうと言っていますが、
ソースがケチャップのオムライスも好きです。(笑)

その他にデミグラスソースやホワイトソースがあるでしょうか。
デミグラスソースやホワイトソースなどは市販のソースも美味しいと
思います。

しかし、せっかくオムライスの作り方を覚えたなら、オムライスの
ソースの作り方も一工夫したソースも覚えたいですね。

たまにはデミグラスソースなどは市販のソースを少しアレンジしても
いいと思います。

デミグラスソースを鍋に入れてトマトを細かく刻んで煮込んで、
煮詰まらない程度に水を加えて、ドロっとした好みの固さにしましょう。

好みの固さのソースになったらブランデーを少し入れると味に深みが出て
美味しいオムライスのソースになります。

デミグラソースは常に置いてあるとオムライスを作る時だけでなく、
ハンバーグ、オムレツ、ビーフシチュー、など洋食を作る時にすごく
便利だと思います。

>>オムライス 楽天市場の詳細はこちら

タンポポオムライス

オムライスの作り方に興味がある人なら映画と共に知っている方も
多いと思います。

伊丹十三監督の映画「タンポポ」で有名になったオムライスの作り方は
独特です。

タンポポオムライスの作り方は通常のオムライスの作り方のように
チキンライスを卵で包むのではなく

先にチキンライスを皿に盛り、中が半熟のプレーンオムレツをのせ
真ん中に切り目を入れて、中の半熟な部分がとろけ出しチキンライス
全体を包み込むように開きます。

普通のオムライスの作り方と包み方が逆くになるオムライスを映画
「タンポポ」の名前をとってタンポポオムライスと言っています。

伊丹十三監督の「タンポポ」(1995年)は、オムライスファンなら
見たい映画です。

映画の中に登場したオムライスは、日本橋の「たいめいけん」で
「タンポポ・オムライス」としてメニューに加わっています。
 
映画タンポポのストーリーは山崎努が演じるタンクローリー運転手の男が
宮本信子が演じる客が入らないラーメン屋の未亡人の魅力に惹かれ、

そのラーメン屋を町一番にするまでを描いた伊丹十三監督の2作品目
となるコメディドラマ作品です。

出演は他に役所広司、渡辺謙ら豪華キャストが出演しています。
撮影現場も「たいめいけん」の厨房を実際に使ったようです。

見てない人、また見たけど、よく覚えていない人は、レンタルビデオ屋で
借りて見てください。オムライスとラーメンが食べたくなりますよ。

オムライスの好きな人なら、たんぽぽオムライスの作り方をマネしたく
なると思います。

>>オムライス 楽天市場の詳細はこちら

チキンライス作り方

オムライスの作り方で、ご飯を炒めるのはチャーハンと同様に2人分くらいが
作りやすいと思います。

ごはんは一度にたくさん炒めると、水分がどうしても飛びにくくなるので
ふわふわっとした感じに仕上がりません。

半熟卵オムライスの作り方で、半熟卵の作り方をマスターしたら
チキンライスの作り方を覚えましょう。

<チキンライスの作り方>
チキンライスの材料は鶏肉、たまねぎ、マッシュルーム、グリンピースなど
好みの材料で作りましょう。

●強火でフライパンを加熱し、サラダ油かオリーブオイルで(バターでも
 いいです)材料を炒めます。
●白ワインを少し入れます。
●塩、コショウで味つけをしましす。
●ケチャップを入れます。
●ご飯を入れて、ひたすら混ぜる。  


チキンライスは高温で炒め、ケチャップはご飯より先に入れましょう。

具を炒めて、ご飯を入れ、それからケチャップを入れる人が多いと思いますが、
具を炒めた後にケチャップを入れて具とケチャップをなじませながら少し
水分を飛ばします。

それからご飯を入れるとベチャっとしないで良い具合のチキンライスが
仕上がると思います。

またチキンライスの作り方の他のポイントは、味付けはケチャップだけで
やらない方がいいと思います。ケチャップはご飯の色づけぐらいに考えても
いいでしょう。

例えば、ご飯にカレーパウダーを入れるとケチャップの甘さを抑えることが
できます。おいしいチキンオムライスの作り方の1つです。

>>オムライス 楽天市場の詳細はこちら

とろとろ半熟卵

オムライスの卵の作り方は、卵はボウルに割り、イメージとしては細長い
楕円形を描くように白身を切るようにして粘りを持ち上げる感じで溶きながら
黄身になじませます。

卵に生クリーム(コーヒー用のクリームでも牛乳でもいいです)を入れると、
ふわふわの卵になりやすいです。

また、マヨネーズを入れてもいいよでうです。二人分の場合、卵4個に、
牛乳を50CC程度でいいと思います。塩と胡椒を加えます。

フライパンを煙が出るくらい熱して、サラダ油を多めに入れます。
(バターの風味が好きな方はバターでもいいですね、
カロリーは少し高めになります。)油が多いと卵がくっつきません。

焼く時は少し弱火にして、卵を一気に流し込みます。
箸で手早く大きな円を書くように休みなく手早くかき混ぜます。

かき混ぜると全体に火がとおりますが、火をとうし過ぎると半熟にならず
卵が固くなってしまい、ご飯を包む時にオムライスの形が作りにくくなって
しまいます。

オムライスの卵の作り方の理想は、中央が厚めで半熟の焼き加減になるように
焼くことです。

オムライスの卵焼きを半熟状態で、ご飯を上手に包むには丁度いい半熟状態に
なったら濡れふきんの上に置いてしまいます。

するとそれ以上卵は固くなりませんので、すかさずライスを置き、今度は
フライパン自体を傾けながらフライ返しなどを使ってクルクルと包みます。

オムライスの半熟卵の作り方を覚えると、オムライスを作るのが
楽しくなります。

オムライスの作り方を半分以上はマスターしたようなものです。

>>オムライス 楽天市場の詳細はこちら